社報LEVEL
福岡県より「福建特賞表彰」を受賞しました。

2016年1月5日に竣工しました福岡県発注の『県道筑紫野古賀線大隈高架橋(仮称)橋梁下部工工事(P18〜P20)』が福建特賞を受賞しました。


20160629-01.jpg


本工事は県道筑紫野古賀線の門松交差点の渋滞を解消するため、新たに大隈高架橋(仮称)橋梁工事として4車線のバイパス道路を建設するもので、そのうちの連続立体橋の一部となる橋脚を3基(P18、P19、P20)築造するものでした。

この工事にあたって当初からの課題となったのは工事現場に近接した『賃貸マンション』への対応でした。このマンションは8階建ての高齢者向けの賃貸マンションであり、筑紫野古賀線バイパスとは4.5mほどの離隔しかないため、着工前よりマンションオーナーから工事に対しての騒音振動への懸念はもとより、建設工事自体のクレームがありました。

先行工事会社と共にマンション側と度重なる協議の場を持ち、作業時間及び作業機械の制限などの安全対策を行うことで完成までにトラブルなく施工を行うことができました。

今回の受賞を賜ったことは福岡県の関係者の皆様のご指導ご鞭撻と共に、近隣住民の方々のご協力が得られ、また、現場での苦労を共にして頂きました協力会社皆様のおかげであったと大変感謝しております。

【工事概要】
発 注 者:福岡県 県土整備事務所
工 事 名:県道筑紫野古賀線大隈高架橋(仮称)橋梁下部工工事(P18〜P20)
工  期:平成26年10月29日〜平成28年1月5日
工事内容:橋梁下部工 橋脚3基 場所打ち杭1500 9本



サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます