社報LEVEL
『九州地方整備局 国土交通行政功労における保全指導・監督室長表彰』を受賞しました

建築事業部が担当しました、工事名:久留米税務署(24)建築改修その他工事が発注者である国土交通省九州地方整備局より『国土交通行政功労における保全指導・監督室長表彰』を受賞しました。 (2013年 7月 19日付)


この工事は税務署の耐震改修工事で、特色としては、開庁時間中に施工を行なわなければならず、来庁される方の安全面や税務業務に支障が出ないよう、特別な配慮・工夫が必要で、工期的にもかなり厳しい工事案件でした。

準備段階にて、発注者・税務署のご担当職員の方々と幾度と無く協議を重ね、綿密な施工・工程計画を立てました。

施工に当たっては、全関係者に工事の特殊性を周知徹底させたうえで施工を開始し、特に、振動・騒音が発生する作業は、開庁時間帯との調整が必要となり、時間単位で工程を管理しました。

当初に予想だにしなかった問題も多々発生し、施工は困難を極めました、しかし、協力業者共々で克服し、無事故にて工期内に竣工することが出来ました。 この度、保全指導・監督室長表彰という栄誉ある賞を頂き、当時の私共の苦難は発注者の方々に十分ご理解いただけていたと、改めて実感致しました。今回のプロジェクトに携わった皆様に深く感謝申し上げます。

《 会社の見解:今回現場を担当致しました、大下所長は工事着手前よりメタボ状態であり、多少の苦難は彼をより健康体にし、減量分を部下の武末君に分け与える事ができればと願っていたのだが・・・・・》



サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます