企業理念
株式会社松本組も参加しました!室見川一斉清掃活動

福岡県建設業協会は、これまでにも献血活動を始めとしたボランティア活動を実践してきましたが、社会貢献活動はこれだけにとどまりません。もっと地域の役に立つ活動を積極的にやりたいと考えています。
【出典:福岡県建設業協会広報誌『ひと・まち・ふくおか』創刊号より】

data01.jpg
去る平成19年12月2日に建設業協会(会長・松本優三、総務部会・部会長藤元和巳)主催で、福岡市の室見川一斉清掃活動を実施しました。当日は南庄5丁目町内会の皆さんにもご協力頂き花壇作りにも挑戦しました。初めての取り組みにも関わらず、福岡支部会員企業118社から、スタッフ、ボランティアを含めて374名が参加。室見川の橋本橋〜室見橋間の両岸、合計7kmにわたるエリアを清掃しました。 実施区間には、室見川河川公園と遊歩道があり、早良〜西区民だけでなく、近隣区域に住むみなさんがよく利用される場所です。散歩、ジョギング、サイクリングなど、清掃当日もたくさんの方々が訪れていました。住民の意識が高いこともあり、捨てられているゴミは少なめでしたが、季節柄、落ち葉が河川敷と土手に散っており、周辺にある住宅の庭まで飛散している状況。清掃活動は広範囲にわたる落ち葉拾いが主体となりました。
参加者を7班に分け、スタートのホイッスルとともに草刈り〜落ち葉拾い〜運搬、加えて植栽による公園の美化を実施しました。松葉ぼうきでかき集めた落ち葉とゴミを可燃物と不燃物に分類し、軽トラックで収集。それから室見橋近くと橋本橋近くの2カ所で集積しました。
ゴミ袋の数でいうと1500袋もの量です。当初用意していた数の3倍ほど集めました。
植栽班は、早良区側の室見川沿いにある公園でつるはしをふるい、木柵で囲いを造り、土と肥料を盛るところから開始。パンジーとビオラを合わせて約1000株移植して、花壇が完成しました。やや殺風景だった公園には彩りが加わり、近隣住民のみなさんにもかわいがっていただけそうなスペースの完成です。
data02.jpg
初めての試みではあるものの、参加していただいたボランティアのみなさん、支部に所属する会員企業各社からご協力いただいたおかげで、室見川を美化することができました。スタッフ一同、厚く御礼申し上げます。
加えて、使用した竹ぼうきは、190ヶ所の公園愛護会へ贈呈し、ボランティア活動の役に立てていただくという話も進んでいます。建設業協会は、建設人としてエンドユーザーである地域のみなさんの立場に立ち、CSR活動を通して今後もさまざまな形で社会に貢献する動きを展開していきます。

サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます