社報LEVEL
土木遺産「門司港駅舎(北九州市門司区・1914年完成)」

大正から昭和初期にかけ、九州の玄関口としての役割を果たした木造2階建ての堂々たるネオルネッサンス風建造物です。古き良き時代の香りを今に伝えるこの駅は、イタリアのテルミニ駅を参考にして、1914年(大正3年)2月1日、鉄道省の設計により完成。1942年(昭和17年)に関門トンネルが開通するまでは、九州と本州を結ぶ駅として大変賑いました。
九州最古の駅であり、1988年(昭和63年)鉄道駅としては初めて国の重要指定文化財に指定されました。現役の駅舎が重要文化財に指定されるのは非常にめずらしいそうです。1500m2の銅板と約700m2の石綿スレートが葺かれたマンサード屋根など、かつての大陸交通の要所としての風格がうかがえます。夜になると駅舎2階がライトアップされ、時計にも明かりが灯ると旅情をかきたてる光景となります。

サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます