社報『LEVEL』
社報『LEVEL』2005年03月号
土木遺産「名島橋・名島川橋梁 (福岡市東区・1933年完成)」
福岡市東区の箱崎と名島の境を流れる多々良川には国道3号名島橋と西鉄宮地岳線の名島川橋梁の二つの橋が架かり、共に九州のA級近代土木遺産に指定されています。名島橋は橋長204.1m、橋幅24.0m、1933年(昭和8年)完成。その時代に、このように堅牢な鉄筋コンクリート橋が架けられたことはとても珍しいことでした。今でこそ車がひっきりなしに通る片側3車線の橋ですが、当時は今のようなモータリゼーションの時代が到来するとは予想だにされなかったはずです。しかも建設目的は謎とされていて、飛行場の代用施設とか鉄道を通す構想があったとかいわれていたそうですが、真相ははっきりしません。戦時中は空襲を避けるために真っ黒に塗られたこともあったそうです。しかし、美しい御影石貼りの7連のアーチ橋は建設後70年を経ても堂々として、灯台のような橋柱や欧風バルコニーが優雅な雰囲気も漂わせています。名島橋と平行して架かる西鉄宮地岳線の名島川橋梁は、名島橋よりも10年も前の1923年(大正12年)に完成。RC充腹アーチで長さ211.8m、幅12.0m。阿部美樹志の設計による大正期の長大RCアーチで、アーチ環上部にアーチを強調する突起、スパンドレル部に三角飾りなどが特徴です。国道と鉄道、二つのレトロな橋が仲よく並んで架かる様は、とても珍しい光景です。
10月16日開館の九州国立博物館 公開直前レポート
九州国立博物館の魅力にひと足早く出会える見学会が1月から3月末まで開催されました。松本組も敷地造成工事や太宰府天満宮との連絡トンネル工事などで関わりがあることから、LEVELでも公開準備の進む現地を訪れました。
土木遺産「門司港駅舎(北九州市門司区・1914年完成)」
大正から昭和初期にかけ、九州の玄関口としての役割を果たした木造2階建ての堂々たるネオルネッサンス風建造物です。古き良き時代の香りを今に伝えるこの駅は、イタリアのテルミニ駅を参考にして、1914年(大正3年)2月1日、鉄道省の設計により完成。1942年(昭和17年)に関門トンネルが開通するまでは、九州と本州を結ぶ駅として大変賑いました。
新しい建設ビジネスモデルとして期待されるB‐Net。
B‐Net誕生の背景
バブル崩壊による市場の変化により、建設産業はこれまでの単なる工事請負ではなく、企画・提案力、価格競争力、施工マネジメント力が求められるようになりました。このような状況の変化を新しいビジネスチャンスととらえ、地域の建設会社が同格で参加することによる新しい建設市場を創造する試みが始まったのです。
軌道工事特集
松本組の得意分野に軌道工事があります。長い歴史をもつ西鉄天神大牟田線の軌道保守工事をはじめとして、筑豊電鉄、熊本市交通局などの軌道メンテナンスも手がけています。また、路線の新設や立体交差事業に伴う軌道工事も行ってきました。最新の軌道工事を特集します。
地下鉄七隈線が開業 松本組は天神工区、橋本車両基地軌道工事などを担当
福岡市の都心と西南部地域を結ぶ福岡市地下鉄3号線(愛称:七隈線)12キロが2月3日、開業しました。七隈線は1996年に着工し、開業までに8年を費やして竣工。西区橋本−天神南間を24分で結びます。松本組は天神南駅を含む天神工区や、橋本車両基地の軌道工事などを担当しました。福岡の新動脈として走り始めた地下鉄七隈線の魅力を特集します。
よみがえる緑 九州大学新キャンパス造成地で採用された SF緑化工法
福岡市西区元岡・桑原地区で九州大学の新キャンパス造成及び建設工事が急ピッチで進められています。松本組は造成工事の他、基幹整備(共同溝・排水)研究教育棟新営工事等に参画していますが、今回紹介する工事は「緑の復元」です。
竣工リポート
花畑駅と試験場前駅が高架駅に!西鉄花畑駅周辺高架工事
久留米市の西鉄天神大牟田線花畑駅周辺で進められている連続立体交差事業で、2004年10月17日仮線路から高架本線への切り替えが行われました。この日を期して花畑駅と試験場前駅が高架駅となり、整備中だった両駅の駅前広場も供用が開始されました。この連続立体交差事業は久留米市東町から津福本町までの天神大牟田線2.8kmが対象。福岡県が主体となって1995年に工事に着手し、2001年から仮線路での運行が行われていました。仮線路撤去を含む全体工事の完成は来年度の予定です。今回の高架化により、全部で6カ所の踏切が廃止されました。一日の通行量計4万4000台という交通量にもかかわらず、特に花畑駅周辺の踏切では朝のラッシュ時間帯である午前7時から8時の間は、なんと約20分も遮断されていたため、高架化は地元の悲願でした。
竣工工事をご紹介します
西日本鉄道(株)のサンリヤンシリーズ2棟が竣工しました。
西鉄サンリヤン筑紫駅前
西鉄天神大牟田線で福岡(天神)から急行で24分、新しい街づくりが進む西鉄筑紫駅前に「西鉄サンリヤン筑紫駅前」が完成しました。西鉄筑紫駅と並木道をはさんでそびえる10階建て全38戸。ベージュ系の上品なタイルをあしらったシンプルなフォルムは、新しい街の顔としてモダンな印象を与えます。門扉付ポーチや門柱付アルコーブや便利なトランクルーム、奥行き2.5mのワイドバルコニーなど、戸建て感覚のゆとりあるマンションです。

サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます