社報『LEVEL』
社報『LEVEL』2003年03月号
特集SPR工法 下水道はリニューアルすることができる!
松本組がSPR工法の九州全域への普及に向けて本格始動!
仕事はじめの会で松本社長も取り組みの強化を明言した下水道管更生工法、SPR工法。松本組はその本格普及を目指して、全休を対象にセールスを展開しています。そこで、今回はSPR工法のメリットを中心に詳しくご紹介。
軌道特集
松本組が取り組んでいる熊本市営電車、福岡市高速鉄道3号線、西鉄大牟田線花畑駅付近連続立体交差事業の3つの軌道工事をご紹介します。
竣工リポート
■西日本鉄道株式会社発注(仮称)西鉄薬院駅ビル新築工事
地球にやさしいオフィスビルです。西鉄薬院駅ビルが竣工。
西鉄天神大牟田線薬院駅と一体となったオフィスビル。

 「西鉄薬院駅ビル」は、薬院駅と一体となった地上14階建てのオフィスビルです。高さは約62m。薬院地区では最大級で、まず、その高さが目を引きます。そして、もうひとつ目立つのが外壁のアルミカーテンウォール。景観はもちろん省エネにも効果がある外壁だそうです。
 1階はオフィスエントランスおよび商業施設フロアで、中央部に設けた憩いの広場をとりまくように、書店やコンビニエンスストア、ファストフード、クリーニングなど10店舗が入居しています。2〜14階はオフィスフロア。柱をなくした開放感あふれる造りやOAフロアを採用するなど、快適で機能的なオフィス空間となっています。
特集 博多の森で進む 西鉄のプロジェクト 
博多の森の広大な土地で、西鉄の新しいプロジェクトが進んでいます。敷地内には、西鉄グループが初めて手がける有料老人ホーム「サンカルナ博多の森」の建設をはじめ、ファミリータイプの分譲マンション「パーク・サンリヤン博多の森」も建設中。松本組は敷地の造成および有料老人ホームとマンションの建設をお手伝いしています。
土木遺産 耶馬渓橋(大分県下毛郡本耶馬溪町・1923年完成)
土木遺産とは、土木学会が1991年度から全国調査にかかり、西洋の近代土木技術が導入されてから第二次世界大戦以前までに造られた土木施設のうち、「技術」「意匠」「系譜」の3つを評価基準に選んだものです。 LEVELでは、これらの中から特に優れていると選定された、九州の代表的な近代土木遺産を紹介していきます。

サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます