社報LEVEL
火の国に松本組の拠点 熊本支店開設 熊本支店長 井上義孝に聞く

松本組は1月1日に熊本支店を開設しました。熊本市電の軌道工事を中心に、熊本で新たな事業展開をめざします。初代熊本支店長に就任した井上義孝に、抱負を語ってもらいました。

■支店を出すならまず熊本。

LEVEL
熊本支店開設のいきさつを教えてください。
井上
熊本には、九州農政局や郵便局があり、昔から福岡では「支店を出すならまず熊本」というふうに言われてきました。松本組でも以前から熊 本に事務所を、という声はあったのですが、なかなか実現までには至りませんでした。それが、南九州の拠点として「やはり熊本に支店を開設しよう」という声 が強まって、今年1月1日の支店開設を迎えることになったわけです。
LEVEL
熊本で、具体的にどのような営業活動を行っていこうと思っていますか。
井上
国土交通省、林野庁、農政局、緑資源公団、熊本県や熊本市を中心に営業活動を行っていきたいと思います。また、松本組は日本SPR工法 協会九州支部の事務局となっていますので、新設となった開発事業部の植木部長とともに、熊本を中心に南九州に工法の紹介を推し進めていきたいと思います。
LEVEL
ところで、熊本市の印象はいかがですか?
井上
まず感じたのが、真剣にお年寄りや環境に取り組む姿勢ですね。たとえば、熊本市には路面電車が走っていますが、熊本市営電車では全国に 先駆けてお年寄りや体の不自由な方でも楽に乗り降りができるように、ドイツ製の超低床式新型車両を導入しています。非常に対応が早いですね。また、路面電 車自体も、自動車にくらべて環境にやさしいということで、近年その価値が見直されつつあります。

■じっくりと腰を据えてしっかりと根を張る。

LEVEL
支店の場所選びではどのような基準があったのですか。
井上
まず、訪ねてこられる方がすぐ分かる場所、また地元の皆さんに名前を覚えていただけるよう、看板を掲げればすぐ目につくような場所、と いうのがありました。なかなか欲張りな希望でしたが、地元の不動産会社に飛び込みでお願いしたところ、快く何件もの物件を紹介していただき、実際に足を運 んでみて現在の物件に決定しました。
LEVEL
熊本支店はどのようなオフィスになるのでしょう。
井上
事務所は南向きで、片側は全面ガラス張りです。広さもありますので、ゆとりのある明るいオフィスをつくりたいと思います。内装はプロトデザイン研究所に担当していただきました。
LEVEL
ところで、熊本で単身赴任生活だそうですが、いかがですか?
井上
自宅のまわりに食事をするところが少ないので、最近はときどき自炊をしております。支店の下は食事処ですので、仲よくなって近所づきあ いがてらちょくちょく通っています。身の回りのことを、全部自分ひとりでしないといけないから大変ですよ。家では「男子厨房に入らず」でしたから(笑)。 所帯道具をどこで買ってよいかすら、わかりませんでした。
LEVEL
最後に、今後の目標をお聞かせください。
井上
松本組の品質方針である「顧客の信頼と満足を得るために、全社員一丸となって品質の向上を目指す」を具体的な形にするべく、地道な営業活動を行っていきたいと思います。じっくりと、しっかりと熊本に根を張っていきたいです。



サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます