社報LEVEL
2002年 松本組 仕事始めの会

2002年1月4日(金)恒例の松本組仕事始めの会が、社員、関連会社、協力会社、お客様が一同に会して、西鉄グランドホテルで行われました。


頑張れば頑張っただけ報われるような業界に。
新年あけましておめでとうございます。また仕事始めの会で皆様の顔を見ることができまして、本当にうれしく思います。  21世紀のスタートだった2001年は、非常に厳しい状況でした。海外では非常に大変な事件が起きました。建設業界はもちろんのこと、国内経済におきましては、構造改革などが手探りの状態で先行き不透明、失業率5%を越えるといった非常に厳しい経営環境です。また、この傾向はこれからも続いていくであろうと思われます。
 建設業界におきましても、公共工事そのものが悪のように論調でマスコミ等に叩かれました。民間工事では、過剰なダンピング競争が横行しております。こういう傾向に歯止めがかかって、健全で適正で、がんばればがんばっただけ報われるような公正な業界になるように努力していきたいと思います。

プラス転化で前向きなチャレンジを。
松本組にとっては、一昨年の不祥事で史上最悪の21世紀スタートとなりました。けれども厳しい時期だからこそ今やれることをきちんとやろうと逆転の発想に切替え、それによって見えなかったものが見えてきたり、気付かなかったことに気付くことができたことができた今日です。  事件を天の配剤として、プラスに転化していく作業を続けていくことが、これからの松本組の使命であり、21世紀のチャレンジのスタートだと思っております。お客様への信頼回復はもちろん、前向きなチャレンジを絶え間なく続けていきたいと思っております。

軌道部、開発事業部、熊本支店スタート
2000年のISO9001の取得に続きまして、2001年には軌道部が部として独立し、単独でISOを取得いたしました。軌道部は鉄道乗客の安全を守る 義務と責任を持つ、創立間もない時期からその基礎を支えてきた、地味ですけれども非常に重要な部門であります。これをベースに九州展開、全国展開に向かっ ていきたいと思っております。
 また新しい事業として、SPR工法の普及と全九州での施工を目的とした開発事業部が、1月1日から設立されました。軌道に乗るように、これから全社員で 営業活動、施工活動を全力で行きたいと思います。さらに営業活動エリアの拡大を目的とした熊本支店の設置など、さまざまなチャレンジをこれから行っていき たいと思います。
 後になってあのとき何かをやっておけばよかったということがないように、悔いがないように、一生懸命チャレンジを続けていきたいと思っております。そう していくことが松本組の飛躍のための基礎になるだろうと確信して頑張っていきたいと思っております。そのために社員の皆様の絶大なるご理解、ご協力、また 協力会社の皆様方の絶大なるご支持を松本組に賜りますことを、心からお願い申し上げます。
 今年一年、明るい年になるように、ニコニコみんなで仕事ができて、また来年の仕事始めの会で、みんなでワーワー言えるような楽しい一年になりますことを心から祈念いたしまして、年頭に当たっての挨拶とさせていただきます。



サイトマップリンク集個人情報保護方針このホームページで使用している文章及び写真はすべて株式会社松本組にて管理しているものです。無断での転用は禁じます